top of page
検索
  • healingesute

保湿のし過ぎはかえって老化肌に。

肌の乾燥が老化を招くということは皆さまご周知のことと思いますが、保湿のし過ぎも老化肌を招くって知ってますか?


懸命に肌を保湿した結果、肌トラブルにつながってしまうということはよくあることです💦


私たちの肌にはバリア機能が備わっています。


このバリア機能とは、乾燥や摩擦などの外部刺激から私たちの肌を守るための機能です😊


角質層と皮脂膜がこの役割を担っており、肌トラブルなどを防止してくれます。


角質層は本来約0.02mmの薄さですが、環境に応じて厚さを変えることがあります。


例えば、肌を乾燥から守ろうとする角質が厚くなります。


このように私たちの肌はバリア機能によって守られているのです!


それでは、保湿し続けるとどのようなことが起きるのでしょうか?


肌が常に保湿された状態だと、角質層が「この肌は乾燥から守らなくてもよい」と判断してしてしまいます😨


そうなると、角質層が変化してしまい本来の機能が妨げられてしまいます😿


化粧水や乳液などによる保湿を過剰に行うと、肌に本来備わっている保湿機能が低下してしまうんです・・・


保湿機能が低下すると重力に抗えなくなり、たるみが見られるようになるのです。


それだけでなく肌のバリア機能が低下してしまうことで、肌トラブルが引き起こされてしまい、ニキビや乾燥、湿疹、かゆみなどの症状が出ることもあります。


「肌を美しく保つためには、しっかり保湿すれば安心」というわけではないことを知っておきましょう!


なので私のケアは本当にシンプルです💗


一つ一つのお手入れは丁寧にしていますが工程はそんなに多くありません。


パックや角質ケア、機械によるケアなどをしなければ大体10分程度で済みます。


その時その時の肌の状態に合わせてエッセンスや美容液などをプラスする位です😊


当サロンのドクターズコスメはとにかく軽いです💕


自ら潤う力を引き出すことに長けている製品だと思います!


サンプルもございますのでお気軽にお問い合わせくださいませ(^_-)💕



閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page